リノベーションが難しい間取りはありますか?

戸建て住宅
鉄骨造やRC造、木造の2×4構造は、躯体が影響して間取りの変更が難しくなる傾向にあります。また酷く劣化している状態ですと、補修・改修にコストがかかり、予算をオーバーする可能性があります。予算を上げられない場合は、デザインや間取り変更を一部諦める必要も出てくるでしょう。

マンション
1階が駐車場(ピロティ形式)で、極端に壁が少ないマンションは、耐震性に不安があるため極力避けたいと考えています。また壁式構造マンションのように、壁が構造体になっている物件は間取り変更が非常に難しいため、リノベーション向きとは言えないでしょう。
その他、あまりオススメできない物件の条件として、「窓の少ない住居」「室内の真ん中に水回り配管をまとめたPSがある」「管理状態が粗悪」などが上げられます。特に窓は後から増やすことができないため、極端に暗い、風通しが悪いといった状態であれば、購入は控えた方が良いです。