中古リノベコラム

RENOVATION COLUMN

建材もSDGsを基準に選ぶ時代 ーテラゾータイル編ー

21.06.06

東京のオフィスから見える夕景が美しく、思わず写真を撮りました。

 

 

やはり10階ともなると、眺望が最高!ですね。

このビルの眺望についてはまた改めてご紹介するとして、、、、

 

この写真の下部で白く輝いているもの、実はタイルなんですが

これがまた味わい深くて毎日にやにやしながら見ています。

今日はこのタイルについてご紹介します。企画デザイン高木です!

 

テラゾータイルとは


 

この白いタイル、名前は「テラゾータイル」と言います。

 

 

最近、商業施設の内装でよく目にするようになり、変わったタイルだな~なんて思っていましたが

実はテラゾー自体の歴史は古く、イタリアで500年以上も前に生まれたそうです!

 

「テラゾー」は、人造大理石をイタリア語にしたものが語源のようで

天然の大理石や花こう岩を粉砕し、セメントで固めて出来上がります。

 

本物の大理石をあしらうにはコストがかかりますし

大理石などの石材は「広い面積に使う」ことを好まれており

その分、製品にならないサイズの端材が多く排出され、破棄されていた時代背景がありました。

 

本来ならば破棄される石材を砕いて固めて、もう一度仕上げ材として生まれ変わらせる。

これこそ、今地球に求められている「持続可能な開発」ですね・・・!

 

今回オフィスに使ったテラゾータイルは、白セメントをベースとした中に

暖色系の石材を含んだ色合いのものを選びました。

 

 

しっかり磨き上げられており、艶があります!

掃除もしやすく、水に濡れやすい場にも遠慮なく使えます。

 

更に、色や素材感に様々な種類がありますので、どこを切り取っても同じ表情はありません。

毎日見ても飽きないです。

不規則で、曖昧で、自然な成り立ちのデザインを好む日本人にとっても好まれるものだと感じます。

 

人にも環境にも優しい、まさにSDGsを基準とした建材選びが今後も主流になってきそうですね!

 


 

持続可能な・・・といえば、

近所の食品店さんが、賞味期限が近いおろしショウガを無料でくれました(笑)

 

 

捨てるのは勿体ないですし、売るのも難しいくらいの日数だったようで・・・

フードロスに貢献!ですね。たくさんショウガ料理を作りたいと思います!

 

 

 

◆インスタグラム◆


FULLHOUSEのインスタグラム

いままで施工したリノベーションの事例を配信しています。

ぜひ覗いてみてください。ストーリーズではイベントの情報もお知らせしていきます!

 

◆お問い合せ窓口◆


TEL:0120-555-948

受付時間:10時~18時

定休日:火曜・水曜

※資料請求・お問合せフォームからは24時間受付中です。

(通常営業時間に順次対応致します)