FULLHOUSEの日常

STAFF BLOG

根津美術館

21.12.13

東京へ行ったときに見てきた

 

根津美術館を紹介します。

 

フルハウス名古屋 設計の朝倉です。


以前に紹介した国立競技場を設計した方と同じ

 

ここ最近、名前を聞く機会の多い隈研吾さんです。

 

 

アプローチ

 

交通量の多い一角に建設されています。

 

道路側に竹を植えて外と少し距離をとった感じになっています。

 

長い石畳の通路と大きく張り出した屋根が印象的です。

 

計画する最初からここはこうしよう、と思っていたように感じました。

 

 

庭園から建物を見た絵。

 

植栽の間から見える瓦葺き屋根とのバランスが良かったです。

 

 

 

 

1階ホール。

 

外の庭園とホールの床が同じ高さに設定されていることと

 

庭園側が一面ガラスで構成されているので

 

庭園とのつながりや一体感がありました。

 


隈さんらしく木を随所にバランス良く配置しています。

 

全体的に和のイメージで統一されていて

 

敷地周囲に目線より高く竹を植えることで

 

外界と遮断された空間を作っているように感じました。

 

機会があれば是非行ってみてください。