お金のイロハ

MONEY

住宅ローン小話 その22 ~完・ローン控除のこれから~

21.12.18

一気に冬らしくなりましたね。

 

学生時代はスノーボードが好きで冬が来るのが待ち遠しかったものです。

 

しかし、近年は雪山にも行かなくなり、寒さにも弱くなりました。

と言いつつも冬が好きなFULLHOUSEの加藤がお送りします。

 

内容の協議が続いていました住宅ローン控除について大枠が決まったようなのでお伝えいたします。

 

来年度以降の住宅ローン


主な変更点は以下の通りです。

 

・適用期限

4年間延長(令和7年12月31日まで)

 

・控除率

一律0.7%に引き下げ

 

・所得要件

合計所得金額2,000万円以下

 

・築年数要件

昭和57年以降に建築された住宅(新耐震基準適合住宅)に緩和

 

このような内容になっております。

 

控除率は0.7%に縮小されたものの、現行の住宅ローンの適用金利は0.5%から0.6%が平均ですので十分恩恵はありますね。

 

また、築年数が緩和されたことは中古物件を探す上ではとても大きい変化と言えます。

 

マンションの場合、これまでは新耐震基準でも築年数が25年を超えるものについては耐震基準適合証明書を発行する必要がありました。

 

費用もかかりますし、場合によっては証明書が発行できずローン控除を受けられないということがありました。

 

しかし、この基準の緩和により、昭和57年以降に建てられたものであれば特別な手続きなく適用を受けることができるようになりました。

 

お家探しを進める上でもひとつのポイントになりますね。

 

◆インスタグラム◆


FULLHOUSEのインスタグラム

いままで施工したリノベーションの事例を配信しています。

ぜひ覗いてみてください。ストーリーズではイベントの情報もお知らせしていきます!

 

◆お問い合せ窓口◆


TEL:0120-555-948

受付時間:10時~18時

定休日:火曜・水曜

※資料請求・お問合せフォームからは24時間受付中です。