なるほどリノベ

NARUHODO RENOVATION

「寒い」だけで、こんな影響が

22.01.23

先日健康診断があり、そこでびっくりした事。

 

それはメガネをしての矯正視力が右1.5、左が1.0!

私は幼少期から視力が悪く、メガネをしても0.7以下が当たりまえの人生を歩んでまいりましたが、ここにきてナント視力1.5とは!

嬉しくて妻に報告すると「歳とったね~」と。

どうやら老眼になると視力回復するケースが多いようですが、私は自己成長、進化だと信じております!こんにちはフルハウスの山田です。

 

戸建ては寒い?


 

先週学生時代の友人たちと会い、年末年始に実家帰省したかという話題になったのですが、「実家は寒くておれんわ~(寒くて耐えれないという意味:名古屋弁?)」と。

 

今はマンション住まいの友人ですが、久しぶりに戸建ての実家に帰省すると、寒くて耐えられないという会話で盛り上がりました。築年数が古い事や、広すぎる部屋という事もあるかもしれませんが、確かにマンションに比べ戸建ては寒いという印象があります。

せっかく久しぶりに集まった身内家族が寒くてゆっくり過ごせず、「寒いから早く帰ろう」なんて思われるのも寂しいですし。また「冷えは万病の元」と言われるように、何と言っても健康第一です。

 

築年数が新しくても断熱性能が低い仕様の戸建て住宅は、やはり寒いです。特に窓サッシの開口部がアルミサッシだと熱損失が大きいので、高性能の樹脂サッシにする事で、断熱性能を向上できます。

では築年数が古い戸建てに断熱性能を求めるのは、諦めるしかないのでしょうか。

 

 

YKK AP社との共働実証プロジェクト「for LONG名古屋の家」で、その「戸建ては寒い」という常識を覆す、性能向上リノベーションを愛知県で初めて手掛けたのが、我がフルハウスです。

そのプロジェクトの内容、性能向上リノベーションへの想いはこちらからご覧ください。

リノベーションが完成して約1年間、平日には全国の工務店、ビルダー様にご見学いただき、週末は一般のお客様にもご覧いただき、我がフルハウスのリノベーションへの想いをお伝えする事が出来ました。

まだまだ使える中古住宅が解体、更地され、ローコスト住宅が建て続けられる。家余りのこの時代に違和感を感じ、中古住宅に新たな価値(新築以上の性能向上)を吹き込み、まだ使える基礎や柱はそのまま利用できるので木材保存、環境保護に繋がり空き家問題の社内貢献にも繋がる、そんなサスティナビリティな好循環社会にしたいと本気で取り組んでいます。

 

 


 

人気イベント「リノベーション物件見学ツアー」はこちらをクリック★

物件探し・ローン・税金・リノベーションなど様々なご相談は

「中古を買ってリノベーションまるわかりセミナー」へご参加ください→クリック★

 

 

◆インスタグラム◆


FULLHOUSEのインスタグラム

いままで施工したリノベーションの事例を配信しています。

ぜひ覗いてみてください。ストーリーズではイベントの情報もお知らせしていきます!

 

◆お問い合せ窓口◆


TEL:0120-555-948

受付時間:10時~18時

定休日:火曜・水曜

※資料請求・お問合せフォームからは24時間受付中です。