なるほどリノベ

NARUHODO RENOVATION

似合う絵を飾る

22.05.21

少し前ですが、クリエイターさんの展示へ行ってきました!

企画デザイン高木です。

 

Netflix「テラスハウス」のTOKYOシーズンに参加されていた、渡邉香織さん(foxcoさん)の個展。

同番組で、当時の製作風景なども映されていましたが

感じたことや頭の中にあるものを、目に見える形で「自分らしく」表現する力って、本当に凄いですよね・・・

リノベーションの設計も、お客様とイメージをすり合わせながら実物大の形にしていく仕事なので

たくさん刺激をもらいました。

 

 

先延ばしにしていた自分の誕生日プレゼントに、一枚の複製原画を購入しました!

※買ったのはこの絵ではないのですが、、笑

まだ額が届いていないので、家の中のどこに飾ろうかとワクワクしています・・・!

 

絵を飾る暮らし


 

家の至る所に絵が飾ってある暮らしに、漠然とした憧れがあるのですが

「どんな絵を飾るか」には、下の2つの考え方があると思います。

 

1、好きな絵を飾る

2、似合う絵を飾る

 

絵画がお好きな方は、恐らく(1)の感覚で絵を購入されると思います。

私はどちらかというと、インテリアの一部として捉えているので(2)の感覚で絵を購入します。

(本当に好きな絵は、似合う似合わない関係無しに衝動買いしますが・・・・)

 

以前、リノベーションをしたお客様と打合せの中で

「2、似合う絵」を一緒に探したことがあります。

その絵は、このように展示しました。

 

 

こちらの事例は ⇒家で過ごす時間をもっと特別なものに ホテルライクな暮らし

廊下の壁沿いに3枚の絵を飾りました。

 

先日、朝倉さんがブログで書かれていた「ミロ」の作品も、ご提案に含むか迷いましたが、、、

猫ちゃんがお好きとの事で、アンディ・ウォーホルの作品を多数ご提案しました。

(アンディ・ウォーホルの絵にはよく猫ちゃんが登場します)

廊下沿いの真っ白なギャラリーに、多色使いされた絵画は印象に残りますね!

 

吊るし方ですが、ピクチャーレールという部材を使っています。

 

 

TOSO ピクチャーレール一覧より参照

 

美術館の展示にもよく使われています。

 

その絵を柔らかく照らすために、ダウンライトを壁に寄せて設置しました。

アートギャラリーのような廊下を通って、ホテルライクなLDKへ到達する。

ああ、なんて素敵な暮らし・・・・

 

 

自分も絵を買って、額縁を色々見ていた時に

こちらのお客様とのやり取りを思い出したので、ブログに書きました♪

私自身はそこまで詳しくないのですが

朝倉さんは絵画や著名なデザイナ―家具について詳しいので(特に椅子!)

気になることがあれば何なりとご相談ください!

 

 

イベント・セミナーのページはこちらからご覧ください♪

 

◆インスタグラム◆


FULLHOUSEのインスタグラム

いままで施工したリノベーションの事例を配信しています。

ぜひ覗いてみてください。ストーリーズではイベントの情報もお知らせしていきます!

 

 

FULLHOUSEスタッフのInstagramも始めました★

 

下のQRコードからフォローをお待ちしてます!

 

◆お問い合せ窓口◆


愛知・名古屋でリノベーションをお考えの方のご相談を承っております!

まずは資料が欲しい!という方もお気軽にご連絡下さい。

TEL:0120-555-948

受付時間:10時~18時

定休日:火曜・水曜

※資料請求・お問合せフォームからは24時間受付中です。