FULLHOUSEの日常

STAFF BLOG

境界杭は目視でしっかり確認

22.05.22

先日の休日に、枝葉が伸び切った自宅の庭木剪定をし始めたら止まらなくなり、丸二日間ノコギリマンとなり、レンタカーで軽トラを借りてごみ処分場まで3往復し、その達成感に一人酔いしれている、こんにちはフルハウスの山田です。

 

境界杭の確認はしっかりと


中古戸建てのご売却を依頼され、その物件の境界杭の確認を行ってきました。

 

 

 

 

あの独特なニオイがする、どくだみが生える時期ですね~。

 

土地家屋調査士の大脇さんと一緒に、境界杭の確認に行って参りましたが、しっかりすべての境界線に杭が入っているのを確認できました。

物件によっては杭が無くなってしまっていたり、ブロックやコンクリートで埋められて確認できない場合があります。そのような場合には、売買する対象物の境界が不明確なままでは、買主様も不安でしょうから、土地家屋調査士さんに依頼し、測量をやり直してもらい、杭を復元したり、新たな杭を入れ、隣地さんにも確認して覚書を交わす業務を行ってもらうのですが、それを確定測量と言います。

確定測量にかかる費用は、原則売主様が負担して行うというのが一般的です。その理由は、売主様はひとつの商品として売却する訳ですから、境界が不明確なままの中途半端では商品にはなりませんからね。

 

外仕事のあとのご褒美ランチです。

 

大盛天丼です。

 

境界杭確認にご一緒いただきました大脇さんも、同じ大盛天丼にお付き合いいただき、二人ともペロリアン(余裕で完食という意味です)でした。

大変美味しゅうございました。

 

ちなみにこの時テレビ取材を受けまして、6月17日(金)19時~中京テレビPS純金の放送で映るかもです!こうご期待!

 

物件探し・ローン・税金・リノベーションなど様々なご相談は

「中古を買ってリノベーションまるわかりセミナー」へご参加ください→クリック

 

◆インスタグラム◆


FULLHOUSEのインスタグラム

いままで施工したリノベーションの事例を配信しています。

ぜひ覗いてみてください。ストーリーズではイベントの情報もお知らせしていきます!

 

 

FULLHOUSEスタッフのInstagramも始めました★

 

下のQRコードからフォローをお待ちしてます!

 

◆お問い合せ窓口◆


愛知・名古屋でリノベーションをお考えの方のご相談を承っております!

まずは資料が欲しい!という方もお気軽にご連絡下さい。

TEL:0120-555-948

受付時間:10時~18時