リノベの現場から

RENOVATION REPORT

解体現場で確認すること

22.06.06

こんにちわ。

 

フルハウス名古屋 設計の朝倉です。

 

先月末からリノベーション工事の始まった現場。

 

先日、高木もこのブログで紹介していました。

 

その続きを紹介します。

 

 

 

 

解体後は何もない。


なにもありません。

 

床や壁、天井はもちろんのこと、キッチンや浴室など設備廻りもすべて撤去します。

 

電気配線や給水管など多少は残りますが、ほぼ撤去。

 

私たちは見慣れていますが、あまり見ることのないお客様はこの状態を

 

工事中写真として撮っていることが多いです。

 

 

 

 

 

解体現場と図面を照合して計画通りに進められるか確認します。

 

場所によって元々の床の高さが違っている現場なので

 

段差になるところ、どれくらいの段差になるのか監督と協議していきます。

 

多少の変更はありましたが計画通りに進めていけそうです。

 

 

 

 

解体すると壁や天井裏に隠れて見ることのできなかったところが

 

見えるので私たち設計も勉強になったりします。

 

この現場の他にも戸建てリノベーション工事も始まってくるので

 

そちらも順次紹介していきます。

 

 

 

 

 

イベント・セミナーのページはこちらから♪

 

◆インスタグラム◆


FULLHOUSEのインスタグラム

いままで施工したリノベーションの事例を配信しています。

ぜひ覗いてみてください。ストーリーズではイベントの情報もお知らせしていきます!

 

 

FULLHOUSEスタッフのInstagramも始めました★

 

下のQRコードからフォローをお待ちしてます!

 

◆お問い合せ窓口◆


愛知・名古屋でリノベーションをお考えの方のご相談を承っております!

まずは資料が欲しい!という方もお気軽にご連絡下さい。

TEL:0120-555-948

受付時間:10時~18時

定休日:火曜・水曜

※資料請求・お問合せフォームからは24時間受付中です。