離婚・相続・借金…。とにかく早く家を売りたい!早期売却を成功させるポイント

18.02.27

 

 

 

家を売却する際には、できる限り「高値」で売りたいと誰もが考えます。しかし、離婚・相続・借金により早急に家を売らなければならいという方もいるのではないでしょうか。

そんな早期売却を成功させるためのポイントについて解説します。
 
 

早期売却を迫られるパターンと注意点


 

*離婚による財産分与


離婚すると、マイホームについても「財産分与」によって分けなければなりません。どちらか一方がそのまま住み続けることもありますが、状況次第では売却してローンを完済する方向で進めることもあります。この場合、家が売れないと財産分与も終わらないため早期に売却する必要がります。
注意しなければならないのが夫婦で「共同名義」だった場合です。売却の契約時、決済時には夫婦の立ち合いが必要となります。そのため夫婦のコミュニケーションが崩壊した状態では、2人が立ち会うためのスケジュール調整が難しいかもしれません。また、どちらかが反対した場合には、家の売却はできません。
 

*相続による遺産分割


家が相続財産となっている場合、売却して得たお金を相続人で分割することがあります。早期に売却しないと遺産分割協議がまとまりづらくなるため注意が必要です。
また、相続と贈与では税金が大きく変わってきます。不動産会社を仲介して売買するのではなく、知人や近所に直接売却することになった場合、焦らずに必ず相続による売却であることを証明する証拠を残しておきましょう。
 

*債務返済のための売却


借金問題などで自宅が差し押さえられそうになった場合、競売にかけられてしまう前に早く売却する必要があります。とはいえ、なるべく早く高値で売れるに越したことはありません。
ただ、売却してもローンが残ってしまう場合には、「任意売却」という方法もあります。この場合、任意売却を専門におこなうコンサルタントや、任意売却をしたことがある不動産会社に相談するのが早期売却するためのポイントです。

 

 

早期売却を成功させるポイント


 

*不動産会社の「買い取り」


買い取りとは、不動産会社が仲介して買主を探すのではなく、その不動産会社が自ら買主となって直接買い取ることをいいます。この場合、不動産会社は現金で買い取るので、価格さえ折り合えばすぐに売却ができます。仲介ではないので仲介手数料もかかりません。
家の住宅ローンが既に完済していれば、契約と決済を同時に行なうことも可能で、これが早期売却の最短ルートです。また、広告を出したり、内覧のお客様が訪れたりすることもないので、近隣住人に知られることなく売却できるというメリットもあります。
ただし、不動産業者に買い取られた物件は、リフォームなどの手入れの後、価格が上乗せされ再販されるため、買い取り価格は相場よりも割安になるというデメリットがあります。一般的な買い取りの相場は、通常の売却価格の70~80%程度と言われています。そのため、買い取りを希望する場合は、不動産会社に価格を買い叩かれないよう事前に相場を調査しておく必要があります。
 

*価格を下げる


中古住宅になかなか買い手がつかない理由として「売り出し価格が高すぎる」ことがあげられます。その場合、価格を下げて募集をするという方法もあります。マンションの場合は流通性が高いため、比較的価格を下げれば売れやすくなりますが、一戸建ての場合は築年数次第では価格を下げても売却に苦戦することがあります。
 

*「インスペクション」の活用


インスペクションとは住宅診断のことで、一戸建てを売却する際に買主が重要視するポイントです。インスペクションが実施されている物件は、されていない物件よりも「第三者の検査が行われている」という安心感があり信頼性が高まるため、早期に売れやすくなります。

 

事前に早期売却のポイントや売却方法を知っておくことで、いざ不動産を売却する局面に立った時に焦らず実行することが出来ます。

しっかり下調べをして、早期売却を成功させましょう。