中古リノベコラム

RENOVATION COLUMN

独身のための住まい選び。一生賃貸か持家か?

18.03.04

 

 

お金も時間もある独身時代は、自分のライフプランを立てるのに最適なタイミングです。特に住宅選びにおいては「このままずっと賃貸住まい?」「まだ結婚していないけど家を買ってしまった方が良いの?」と悩まれる方が多く、ライフプランを立てた上で今の住まい方がベストなのか一度見直す必要があります。

 

幸せな将来を送るための住まい選びができるよう、金銭的な損得だけでは測れない住宅購入のメリットとデメリットを考えましょう。

 

「賃貸か?持家か?」を損得で考えない

賃貸か購入かで悩むと、結局どちらがお得になるのか気になる人もいるかもしれません。賃貸と持家のどちらがトータルでお得かというのは、購入価格や家賃などの条件次第で変わってきます。長生きすれば買ったほうがお得になるかもしれませんが、賃貸ならお財布事情に合わせて家賃を下げるという選択肢もあります。

「おひとりさまで将来が不安」と住宅購入に走る前に、賃貸と持家それぞれのメリット、デメリットを損得以外の観点からも冷静に考えるようにしましょう。

 

 

 

家を購入する場合

メリット・・・〇

・「老後に住む家がある」という安心感がある
・ローンを完済すれば、老後の住居費が少なくて済む
・自分だけの「城」が持てる
・老後に「バリアフリー」の家にリフォームできる

デメリット・・・✕

・災害、病気、失業などで収入が途絶えてもローンの支払いが残る
・結婚などでライフスタイルが変わったとき、住めなくなる可能性もある
・環境の変化で住みづらくなっても、簡単に引っ越しできない
・定期的に税金や火災保険料、家のメンテナンス費用がかかる

賃貸に住み続ける場合

メリット・・・〇

・収入が減ったとき、引っ越しすれば住まいにかかる費用をカットできる
・転職や転勤でも身軽に引っ越しできる
・家のために貯蓄を減らさずに済む

 

デメリット・・・✕

・老後住みづらくなっても、自分仕様にリフォームはできない
・老後も住居費を払い続ける必要があるため、準備しておくべき貯蓄額が大きくなる
・老人が住みやすい「賃貸住宅」がどのように整備されるか、まだ分からない

 

 

ライフプランを経てて検討する

 

現在独身の方は、今後も継続してキャリアを積むか、結婚するのかしないのか、子供はつくるのかによって、一人一人の暮らし方が大きく異なります。収入は減るのか増えるのか、結婚のタイミングは、子どもが欲しいならいつ何人つくるのかなど、大まかでよいのでライフプランを考えましょう。

収入面では、転職の予定があるなら転職の時期、継続して今の会社で働く予定なら昇給の見込みがあるのかを調べ、住居費や子どもの教育費の見通しをつけていきます。ライフプランを立てると、今の時点でどのくらいの住宅ローンを組むことができるのか予測がつきやすくなります。

 

 

独身で家探しとなると「今買ってもいつかは無駄になってしまうのでは…」「独身で家を買うなんて言ったら周囲に反対される?」「単身住まい用のちょうど良い持ち家ってあるのかな?」などの悩みは尽きませんが、独身の方が住まいを購入するメリットは大いにあることが分かりました。

詳しく聞きたいけどハードルが高いとお考えの方がいらっしゃいましたら、まずは「女性の設計士に聞きたい!リノベーション相談会」「中古住宅+リノベーション個別相談会」へお越し下さい。お金のこと、女性ならではのリノベーション、希望エリアでの物件探しなどを個別にてご相談承っております。