中古リノベコラム

RENOVATION COLUMN

選ぶなら「リノベーション済み物件」or「リノベーション向き物件を買ってリノベーション」、どっち?

18.03.12

 

「リノベーション済みの物件を買う」のと「リノベ向き物件を買って自分でリノベーションする」のは、どちらがお得なのでしょうか?
コストやデザインなど重視する条件によって損得の考え方も変わってきます。まずはそれぞれの特徴を整理し、どちらがどんな人に向いているのか検証してみましょう。

リノベーション済みの物件を買う

 

「リノベーション済み物件」とは?

 

リノベーション済み物件の中には大きく分けて二種類の物件がございます。

・前所有者がリノベーションして住んでいた物件
・専門の不動産事業者が中古物件を買い取り、リノベーション工事を施したうえで販売しているもの(買取再販物件)

買取再販物件には、壁紙やフローリング・設備など目に見える表層部分を新しく取り替えただけのものが多いですが、最近では全て壊してフルリノベーションしたものや、間取りやデザインにこだわった物件も見られるようになってきました。

例)3DKの間取りを2LDKに作り変えて、広いリビングルームに変更する
例)2部屋分の収納を壊して広いウォークインクローゼットに変える
例)壁付けのキッチンを、リビングに向けた対面キッチンに変える

 

「リノベーション済み物件」は、こんな人におすすめ!

引っ越しまでの時間に余裕がない・なるべく早く引っ越したい

リノベーション済みの物件なら、リノベーション前の物件に比べて早くお引っ越しいただけます。なぜなら購入前後のリノベーションの打ち合わせの必要がないからです。
リノベーションのお打合せ・施工には、3〜4ヶ月ほどの期間が必要です。転居しなければならない期日が迫っている場合はリノベーション済み物件を選んだほうが良いでしょう。

 

完成した実物を見てから購入したい

リノベーション済み物件なら、リノベーションした後の状態を自分の目で確認し、購入を検討できます。リノベ向き物件を買ってリノベーションする場合は、設計図や3Dパース・その会社が手掛けた他の施工事例などからお部屋の完成形をイメージする必要があります。完成するまでは全てイメージ図やカタログなどを使った打ち合わせとなり、本当に自分のイメージ通りのものができるかは工事が終了するまでわかりません。
実物を見ないと判断できない、完成形をイメージするのが苦手、といった方には、リノベーション済み物件を購入されることをお勧めしております。

 

リノベーション向き物件を買ってリノベーションする

 

「リノベーション向き物件を買ってリノベーション」とは?

リノベーション向き物件購入し、オーダーメイドでリノベーションをすると、間取りや内装を自分好みにできるので、家族構成やライフスタイルにあわせて、思い通りの空間をつくることができます。
オーダーメイドでリノベーションをするには、不動産会社で物件探しをしたうえで、工務店やデザイン会社にリノベーションのデザイン・工事を依頼するという方法があります。最近では、物件探しから住宅ローンの相談、リノベーションの設計・施工までをワンストップで請け負う専門の不動産リノベーション会社も増えています。

「リノベーション向き物件を買ってリノベーション」はこんな人におすすめ

 

自分の暮らしに合った間取りにしたい

オーダーメイドでリノベーションの良さは、家族構成やライフスタイルに合った間取りを自由に設計でき、世界にひとつだけの家にリノベーションできるところです。つまり自分たちが最も使いやすい形に間取りを変えられます。
しかしリノベーション済みの物件を購入した場合、出来合いの間取りにあわせて暮らすしかありません。全て自分の好み通りに仕上がった物件はほとんどありませんので、「もう少し収納が広ければ…」「こんな設備は必要ないのに…」など、どうしても妥協する必要がでてきます。その点がオーダーメイドでリノベーションとの大きな違いとなっております、

希望の立地に、綺麗な物件を購入したい

リノベーション向き物件を買ってリノベーションは、駅徒歩〇分以内、〇〇学区限定、などご希望のエリアにこだわりがある方にオススメの購入方法となります。
こういった限定エリアの中で「新築物件」「築浅物件」「リノベーション済み物件」を探すと、そもそも売りに出されている物件の数が少なく、その少ない選択肢の中から物件を購入しなければなりません。
しかし「中古物件」も選択肢に含まれれば、その分購入できる物件の選択肢も広がります。そしてリノベーションをすることで中は新築同様に綺麗な状態となります。
選択肢が広がることで、より「駅近」や「小学校まで徒歩5分」など、条件に近い良い物件に出会えるかもしれません。

 

 

 

以上、「リノベーション済みの物件を買う」「リノベーション向き物件を買って自分でリノベーションする」それぞれの特徴をお伝えしました。どちらの方法が良いかは住む人の状況で異なってきます。
いつまでに引っ越ししたいのか?間取りや仕様にこだわりはあるか?など、ご自身の条件を整理した上で、自分に合った住まいづくりのスタイルを選んでください。