憧れのbohoスタイルで自由かつ開放的な生活を愉しむ

K様邸(ご夫婦)
物件種別
マンション
場  所
愛知県春日井市
築年
20年
工  期
2.5ヶ月

自分たちの感性をフルに活用し、デザインにこだわり抜いて完成させたK様邸。bohoスタイルを取り入れた統一感のある室内にはお気に入りのインテリアや家具が絶妙に配置され、自由で居心地の良い空間が広がります。広々としたLDKとユニークなスキップフロア、優雅なインナーテラス、海外風のキッチンなど、夫婦ふたりの希望をすべて叶えました。

どんな想いで中古リノベを始めたのか、きっかけを教えてください。

(ご主人)家探しを始めた当初は注文住宅をはじめとする戸建てを検討していたので、中古リノベのことはよく知らず、選択肢にも入っていませんでした。

(奥様)私は中古リノベというのがあるのは知っていました。ただ、住宅購入を検討していた当時は頭の中が戸建てのことばかりになっていたので、中古リノベという考えはなかったですね。物件を探していくうちに、自分たちでいろいろと作りたいという想いがわいてきたので、まず「建て売りはないね」ということで主人と意見が一致しました。次に、注文住宅も予算の関係上選択肢から外しました。そこではじめて、そういえば中古リノベっていう手段もあるよねとなりました。

フルハウスとの出会いを教えてください。

(奥様)インターネットで検索して見つけたのが最初ですね。当時はネットで探した3、4社ぐらいの不動産会社に話を聞いたり、物件を紹介してもらったりしました。

フルハウスに依頼した決め手は何ですか?

憧れのbohoスタイルで自由かつ開放的な生活を愉しむ

ご主人)スタッフの方々の対応がよかったのが決め手ですね。

もともと中古リノベにご興味があったのですか?

(奥様)具体的に中古リノベを意識したことはなかったのですが、海外で暮らしていた経験もあり、向こうの住宅やインテリアのデザインには興味や憧れのようなものがありました。例えばキッチンはL字型が作業に集中しやすくて良いと思っていましたし、框扉(かまちとびら)もはじめて見たときから強く印象に残っていました。bohoスタイルのデザインやカラーなども含めて、統一感や可愛さについて強いこだわりは持っていました。家探しをはじめてから徐々に中古リノベならば、自分たちのやりたいことができるのかなという漠然としたイメージがわいてきました。

憧れのbohoスタイルで自由かつ開放的な生活を愉しむ

実際に住んでみてどうですか?

(ご主人)思った通り、住み心地は良いですね。広いLDKの中にスキップフロアを作ったのですが、私はほぼずっとそこにいます。デスクとチェア、パソコン、モニター、ゲーム、漫画などを置いて自分の時間を楽しんでいます。

 

(奥様)私は料理が趣味なのでキッチンにいることが多いのですが、前に住んでいた賃貸住宅に比べて格段に広くなったので、とても快適ですね。作業スペースが広いと気持ちの面でも違います。オーブンやグリルもあって幅が広がるのでいろいろな料理を作りたくなりますね。あとは、コロナ対策として玄関に設置した手洗いも便利です。帰宅したらすぐに手を洗って消毒もできるので、友だちからも「これは賢いね」「うちも付けようかな」と好評です。

お気に入りやこだわりポイントはありますか?

(ご主人)やはりスキップフロアですね。この物件は天井が高いので、身長181センチの私がスキップフロアに乗ってもスペースが広く苦にならないんです。空間の広さもちょうど良いので、PC作業をしたりゲームをしたりするのにも快適です。スキップフロアの下をペットスペースにしてあるのもユニークな点で気に入ってます。

 

(奥様)室内のカラーやデザインの統一性がお気に入りポイントですね。デザインには特にこだわったので、打ち合わせの段階からフルハウスさんの担当者の方に細かい要望を伝えました。柄の濃さや色の微妙な違いなど明確な希望を伝えながらイメージを共有して進めました。おかげで、希望通りの素敵な家ができました。特に気に入っているのがキッチンの框扉です。取っ手は私のお気に入りのもの使ってもらって、扉色は特注で作ってもらいました。見るたびに「可愛い」って思っています(笑)

お友達やお知り合いの方の感想・評判はどうですか?

(奥様)この家ができてすぐのころに、職場の仲間やその家族が来てくれて引っ越しパーティーを開きました。家に入った瞬間に、「すごい!」「可愛い!」って言ってもらえましたね。みんな室内をくまなく見て回っていました。

 

(ご主人)友だちはみんな「いいね」という感じで高評価です。知り合いの子どもたちはスキップフロア下部のペットスペースに入って遊んで、とても楽しそうでしたね(笑)

家作りをして印象に残ったエピソードがあったら教えて下さい。

(奥様)打ち合わせ段階で、細かい点まできっちりと詰めていくところに驚かされました。もっとざっくりとした感じなのかと思っていたのですが、自分のイメージを伝えて、そこから採寸や質感などの細部を決めていく過程が大変ながらも楽しめました。

 

(ご主人)自分が思っていたイメージがどんどん形になっていくのは面白いなと感じましたね。あとは物件探しの段階で、当初購入するつもりだったマンションが後から事故物件であることが分かって急遽契約を取り消したということもありました。契約前にキャンセルできて、新たにこの物件に決めて無事にリノベできて良かったです。

 

一連の工事を通して、フルハウスの良かった点は?

憧れのbohoスタイルで自由かつ開放的な生活を愉しむ

(ご主人)一緒に家を作っていく上で、親身になって相談に乗ってくれたところは助けられました。また緻密な設計にも驚かされました。キャンプ用品や洋服、その他趣味の道具など多種多様な持ち物をどのように収納するかに悩んでいたのですが、すべての寸法を測ってもらいながら効率よく整理できる収納スペースを作ってもらいました。

 

(奥様)私たち夫婦にとって、家作りも、専門業者の人たちと関わるのも何もかもはじめてのことばかりでした。周りにそういった建築や不動産関係の知り合いもいないので、どういった段取りで進めて行くんだろうかと不安に感じていた部分もありました。そんな中でフルハウスさんは、家作りの工程を紙に起こしてくれて、いつまでにこれをやる、いつまでにこれを決めるなど丁寧に教えてくれながら進めてくれました。全体の流れがつかめて、自分たちのスケジュールも立てやすかったです。しかも要望が多く、工期も短い中でやっていただいて本当に感謝しています。

打合せ~完成まで、不安な点などはありましたか?

(奥様)内装工事中にほとんど途中経過を見学できなかったので、実は少し不安を感じていました。注文住宅を建てた友だちから、建築中の様子を見学に行って職人さんと話しているうちに仲良くなったという話も聞いていました。コミュニケーションを取りつつ、一緒に作り上げていくのも良いなと思っていたりもしました。

憧れのbohoスタイルで自由かつ開放的な生活を愉しむ

フルハウスへの要望などあったら教えてください。

憧れのbohoスタイルで自由かつ開放的な生活を愉しむ

(奥様)海外のキッチンというのは小物とかデザインとかがどれもとても可愛いんですよね。それで、私も今回キッチンの床にアクセントになるような海外風の柄を入れたいと思っていたんです。ただ要望を伝えたら、それはタイルなので対応できませんということでした。床材にタイルを使えないということをはじめて知って残念でした。海外っぽいデザインが好きという人はたくさんいると思うので、新しい商材を追加したり選べる素材を増やしたりして、選択肢が増えていくといいなと思いました。

 

(ご主人)今回パーソナルスペースとしてスキップフロアを作ったときに、参考となる実例がほとんどありませんでした。今後増えていくのかもしれませんが、施工事例のバリエーションがあるともっとイメージがわきやすかったのかなと感じています。

最後に、これから中古リノベを進める人へ、アドバイスをお願いします!

(奥様)中古リノベは費用面で優位性があると思います。土地を買って、注文住宅を作るよりも費用を安く抑えられて、かつ自分たちの思い通りにできるのは良いところです。私たちも家作りを検討し始めた当初は、戸建て住宅のことばかり考えていました。ただ、住みたい家のイメージがあるのならば、一軒家だけではなく中古マンションやリノベーションも選択肢に入れてみるといいかもしれません。広い視野をもって家作りにチャレンジすれば、理想の住まいが手に入るチャンスがより一層広がるのではないでしょうか。

間取り 4LDK→1LDK WIC