MENU CLOSE

WORKS 事例・お客様の声

マンション

お客様の声 キッチン インダストリアル 室内窓 モルタル

次の世代へと繋いでいく ぬくもりインダストリアル

個性とオシャレさに加えて、二人のお子様との家族愛にも満ちたH様邸。インダストリアルデザインをベースにした室内は、天井まで届く大きな本棚や、三角形の出入り口が付いたパントリーなど、重厚感と安らぎ、可愛らしさが同居した個性的な空間に仕上がっています。回遊ができる「止まらない間取り」によって、家族みんなが暮らしやすく、子どもがのびのびと成長できる特別なマイホームです。

どんな想いで中古リノベを始めたのか、きっかけを教えてください

(ご主人)一番の決め手は子どもが生まれたことですね。それまでも機会があったら、マイホームを持ちたいと考えていましたが、娘が生まれてわりとすぐに物件探しを始めました。

(奥様)結婚が遅かったので、「ローンを組むなら早くしないと」という思いがあった一方で、なかなか覚悟が決まらないでいました。一生賃貸でも良いかなとも思い始めていたころに妊娠がわかって。出産後に、中古マンションや建て売りを何軒か見に行きましたが、名古屋の戸建てはどれも日当たりが悪かったりして、なかなか良い物件が見つかりませんでした。実家がマンションなので、いろいろ見ているうちに、できればマンションが良いなと思い始めました。その時にはまだリノベについてはあんまり考えていませんでしたね。

フルハウスとの出会いを教えてください

(ご主人)リノベーションの情報誌を見ていた時に、FULL HOUSEさんの事例を見かけたのが最初ですね。そこに掲載されていた写真を見て、自分たちのやりたいこと、住みたい家に近いなって。

(奥様)事例の中で私たちが「いいな」と思った事例は2つありました。私は天井まである大きな本棚にたくさん本が並んでいる事例で、主人はインダストリアルな雰囲気のもの。施工会社を確認したら、どちらもFULL HOUSEさんの事例でした。さっそくホームページで検索してみたら、サイトに見学会を開催しているとあったので、参加しました。

フルハウスに依頼した決め手はどこでしたか?

(ご主人)FULL HOUSEさんは担当者がしっかりしている印象でしたね。他社の担当者も悪い感じはしなかったのですが、比較的若い方が多いのが少し気になりました。

(奥様)物件探しにあたり、4社ぐらいのリノベ会社を見に行きました。それぞれクオリティが全然違いました。FULL HOUSEさんは事務所の階段のところに、多くの事例写真が貼ってあって、どれもテイストが全然違っていました。他の会社の事例は、デザインやテイストが偏っている印象でした。当時はまだ夫婦でどんなリノベにするか、すり合わせもできていなくて、考え方が固まっちゃうのがイヤだったので、いろいろなものに対応してくれそうなFULL HOUSEさんに決めました。

もともと中古リノベにご興味があったのですか?

(ご主人)最初はリノベという選択肢はなかったです。あまり情報がなかったので、最初は中古マンションを中心に見て回っていましたね。物件探しをしているころに、行きつけの美容室でマイホームの話をしている時に、たまたま担当の美容師の方がリノベーション物件に住んでいるということがわかって。そういう意味では、この美容師さんが一番の「きっかけ」といえるかもしれませんね。

(奥様)私は昔からリフォーム番組を見るのが好きで、いつかは自分もやりたいなと漠然と思っていました。

実際に住んでみてどうですか?

(ご主人)やっぱりいいですね(笑)。オシャレですし、これまでアパート暮らしが長かった自分にとっては、防音がしっかりしている点も良いですね。古い建物ですが、構造はしっかりしているので住みやすい。

(奥様)入居後にすぐに二人目を妊娠したのと、コロナもあったので、ほぼずっと家にいるのですが快適ですね。間取りは、キッチンとパントリーと洗面所がつながっていて、回遊できるような行き止まりのない作りになっています。子どもが走り回れる間取りにしたのは良かったですね。パントリーの出入り口を三角形にしたのは私のアイデアです。子どもが三角のトンネルをくぐって、パントリー内のお菓子を見に行くという遊び心も感じられて気に入っています。

お気に入りやこだわりポイントはありますか?

(ご主人)コンクリートむき出しの部分や、クロス(壁紙)の痕(あと)とか、廃墟っぽいところが好きです。寂れたものや、隠れ家的な感じが良いですね。こういうデザインはリノベーションならではの良さだと思っています。

(奥様)天井まで本棚のある家にずっと住みたくて。圧迫感が出るからやめた方がいいよと知り合いに言われたんですが、やってみるとそんなに圧迫感はないですね。もしこれがなかったら、テレビ台や本棚を別に買わなければならなかった。そうなると、逆に圧迫感を感じたり、収納面で苦労したかもしれません。今ある本棚は壁に入れてもらっているから、スッキリして見えますし、可動棚になっているので子どものおもちゃを入れる場所としても便利ですね。

お友達やお知り合いの方の感想・評判はどうですか?

(奥様)コロナの関係で多くの来客はないのですが、来た人はみんな「良いね」「オシャレ」って言ってくれます。この古いマンション内に、まさかこんな家があるなんてといった感じですね(笑)。近くに住んでいる妹はしょっちゅう遊びに来て、評判も上々です。あとは、個人的に、洗面台と脱衣所を分けたのは良かったです。お客さんが手を洗う際などに、脱衣所に入ってほしくないという要望を叶えられました。

家作りをして印象に残ったエピソードがあったら教えて下さい

(ご主人)解体後に室内を見に来たのですが、これがリノベをしてどうなるのかイメージがつきませんでした。それが、完成して見学に来たら、ビフォア&アフターの変貌にすごい感動したのを覚えています。

(奥様)クローゼットについてはあまりこだわりがなかったので、白い壁紙の普通のもので良いかなと思っていました。ただ打ち合わせの時に、『セックス・アンド・ザ・シティ』のウォークインクローゼットに憧れるんですよとぽろっと言ったら、「できますよ。やりましょうよ」とご提案いただいて。棚と壁を紺色で統一して、海外っぽいかっこいいクローゼットに仕上がりました。

一連の工事を通して、フルハウスの良かった点は?

(ご主人)こちらの出した希望や要望に対して、できる限り対応してくれた点が良かったですね。

(奥様)いろいろと提案してくれるので、助けられました。たとえば、床材はあまりこだわっていなかったので、普通のフローリングで良いかなと思って進めていたのですが、途中で、「価格と品質に優れた新しい商品が出たのでこれにしましょう」と強く勧めてくれました。また、洗面所のタイルや壁紙なども、すぐにサンプルを取り寄せてくれました。ダメとか、できないとかはほとんど言われなかったですね。

打合せ~完成まで、不安な点などはありましたか?

(ご主人)お金の面では不安がありました。やりたいことがあっても、すべて実現するとなると、その分費用も高くなります。私はとにかく節約したいという考えだったので、照明器具やバスタブなども自分で用意した方が安くなるんじゃないか、などとコスト面でいろいろと模索していました。普段と比べて格段に大きい買い物なので、1万円、2万円の倹約に必死になっていましたね。

(奥様)その点では、ローンを組む銀行を熱心に探してもらえたのはすごい助かりました。なかなか金利の安い銀行が見つからなくて、これでいいのかと主人とけんかにもなりました。最終的に、候補に挙がっていた銀行よりも条件の良いところを見つけてもらえました。

フルハウスへの要望などあったら教えてください

(奥様)最初に出していただいた見積もりが、予算をかなりオーバーしていたのですが、どこをどう削れば予算に収まるのか、少しわかりづらかったですね。たとえば、「キッチンをこのタイプにすれば○円安くなります」とか、「本棚をやめれば○円浮きますよ」とか、具体的にご提案いただければ、予算に収まるように調整できます。仮に予算がオーバーしていても、詳細がわかっていれば納得感が得られたのかなと思いますね。

  • 所在地

    愛知県名古屋市
  • 物件種別

    マンション
  • 面 積

    66.15㎡
  • 家族構成

    ご夫婦、お子様二人
  • 間取り

    4DK → 2LDK+WIC
  • 築年月

    1983年11月
  • 工事費

    1300万円
  • 施工期間

    2.5ヶ月

\ お気軽にお問い合わせください /