意外と知られていない!?「追い焚き」ができる物件の見分け方

18.03.25

 

 

冷めてしまったお湯を温める「追い焚き」機能。冬の寒い時期や、入浴時間がバラバラのご家庭では無くてはならない機能ですよね。

しかしマンションにおいては追い炊きが出来るマンションと出来ないマンションがあるのです。

「追い炊きだけは外せない・・・!」とお考えの方は、追い炊きが出来る物件と出来ない物件の見分け方を身に着けておきましょう。

 

 

追い炊きの仕組み

 

追い炊きには「循環釜直結方式」と「給湯方式」の2種類があります。

 

循環釜直結方式とは

その名の通りお湯を循環させて浴槽内のお湯を温める方式です。浴槽内に2つの穴があり、下の口から冷たい水を吸い込み風呂釜内で温めて上の口からお湯を出す「自然循環方式」と、1つの穴だけで冷めてしまったお湯を吸い込み、給湯器内で温めてからポンプで浴槽内へ排出する「強制循環方式」がございます。

 

給湯方式とは

浴槽に再度熱いお湯を足して、浴槽内のお湯の温度を上げる方法を給湯方式といいます。足し湯などとも呼ばれています。エコキュート・エコジョーズなど最近ポピュラーな給湯器には、この足し湯(お湯張り)と追い炊きの強制循環方式が組み合わさっています。

 

 

追い焚きができる物件の見分け方

 

(1)給湯器のリモコンがあるかどうかを確認する

追い焚きができる場合、「追い焚き」機能付きのリモコンがあります。バスルームの内側と外側、両方についている場合もあるので、どちらもチェックしておきましょう。電源と湯量の調節機能だけの場合は追い焚きができないので、ボタンと画面をよく確認しましょう。

※まれに「追い炊き」機能付きのリモコンがあっても、配管がされておらず追い炊きが出来ない場合がありますので、判断に迷う場合には専門業者に調査を依頼しましょう

 

(2)給湯器に付いている管の数を確認する

一般的に、給湯器には「水を取り入れる給水管」「室内にお湯を送る給湯管」「ガス管(ガス給湯器の場合)」の3本が接続されています。追い焚き機能が付いている場合、これらに加え「追い焚き管」がついているので、合計4本の管がついていることになります。

 

(3)給湯器の型番を調べる

 

「型番」とは、給湯器本体についているアルファベットと数字の羅列のことです。給湯器がどこのメーカーのものか、またその能力や機能を示しています。型番がわかれば、メーカーのホームページなどで詳細を確認できます。本体にある銘板シールの表示をメモ、または写真に撮っておきましょう。

※リモコンに記載されている英数字は、給湯器の型番ではありません。必ず本体の番号を確認しましょう。

 

追い焚き機能を追加することはできる?

 

これらのチェックをした上で追い炊き機能がついていないことが分かった後に、追い炊きを追加することは出来るのでしょうか?

答えはNOです。

なぜなら、追い焚き管を通すための工事は規約上禁止されているマンションが多いからです。追い焚き管を通すためには、壁に専用のスリーブ(管を通す穴)を新設しなければなりません。これが構造耐力上大切な壁だったとすると、穴を空ける行為この工事は建物の耐久性に影響しますので、ほとんどの場合で「NG」という回答が出てしまいます。

 

管理会社・管理組合に問い合わせた結果、了承が得られる場合もありますが、どこに穴を開けるべきか調査を行う必要があります。手間と費用と時間がかかることは念頭に置いておいた方が良いでしょう。

 

 

 

追い炊きがつけられなかったなら…

マンションの規約上、追い炊きがつけられなかったとしも落ち込む必要はありません。最近のユニットバスの浴槽は高断熱仕様になっているものが多く、昔に比べてお湯の温度低下が少なくなっています。高断熱浴槽を売りにしている水回り設備メーカーも多数ございます。また浴室暖房乾燥機などを設置し、浴室内の温度低下を防ぐことで浴槽内のお湯温度も下がりにくくなります。

設備機器の方で工夫を施すことにより、以前の浴室に比べて温かいお湯を長時間使えるようになります。ぜひお試しください。

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


以上、追い炊き機能について解説いたしました。後に「追い炊きがつけられない」と知る前に、事前のチェックで十分に把握できることが分かりました。現在追い炊きがついていなくても、追い炊きに対応している給湯器が設置されている場合もございますので、分からない場合はマンション管理会社やリフォーム会社に相談をしてみましょう。