FULLHOUSEの日常

STAFF BLOG

小上がりの可能性

18.12.10

こんにちは、リノベーション・広報担当の高木です。
 
今日はこちらの物件へ行ってきました!⇒日車マンション平和が丘A
 

 

少し前にカーテンとクッション敷きの施工に入っていただいたので、チェックをしました。

 

 

このように、小上がりですが何も敷いていなかった「ファミリースペース」に

 

 

 

クッションを敷きました!

小上がりスペースの形状が特殊でしたので、市販のクッションではなく

いつも家具でお世話になっている「みずのかぐ」さんにオーダーして造って頂きました。

クッションの厚みもミリ単位でこだわりました…

 

低反発のため座っていても腰が痛くなりにくく、

「寝転がったら絶対気持ちいいはず!」と思えるほど素晴らしい出来栄えです。

(宜しければ見学いただいた際に寝転がってみてください)

 

一応外で干せるように、持ち運びしやすいサイズに分割してありますので

購入後のお手入れもしやすい設計です。

 
 

小上がりの可能性

 

こういった小上がりスペースですが、どんな使用用途があるのかまとめてみました。

 

1、もう1つのソファの役割

 
日々家事をして家中を歩き回っていると、ふとした時に腰かけたくなりませんか?

ソファやダイニングテーブルは背もたれがあるので、ついついリラックスしすぎてしまいますが

小上がりスペースの程よい段差感は椅子にも似ていて、でも背もたれが無いからくつろぎすぎない。

小休憩にちょうどいいなあといつも思います。

 

2、書斎、勉強など「読み物・書き物」が捗る

 

小上がりスペースはLDKの隅っこに造られるケースが多く、必然的に「こもり感」が出ます。

今回のようにカウンターがあったりすると、読み書きがしやすくなります。

集中力を保つことが出来るこもり感+ちょうどよい高さのカウンター=読み書きが捗る書斎スペース

これは間違いないでしょう・・・

 

3、洗濯、コート、カバンの一時置き

 
取り込んだ洗濯物や、帰ってきた時に脱ぐコート・カバンなどを

ソファの上に置いてしまうと、ソファを使う人の邪魔になったり

衣類の臭いがソファに移ったり、急激に部屋が散らかって見えます。

小上がりスペースは隅の方にあり目立たないので、一時置きの物が目立ちにくい特性があります。

更に洗濯物を畳むスペースとしても使えます。床の上で畳まなくていいのは嬉しいですね。

 

4、お昼寝コーナー

 
小さなお子様にとってお昼寝の時間はとても大事。

ですが寝室など目が届かないところで寝かせてしまうと、気になって家事に集中できません。

お母さんの目が届く距離で、でも音や動きで起きてしまわない距離。

これを叶えられるのがLDKの隅の小上がりだと私は思います。

気持ちのいいクッションがあれば、一緒にお昼寝してしまうこと間違いなしでしょう。

 

 

他にも使用用途はたくさんありますが、フローリング張りにするのか、クッション敷きにするのか

カーペットや畳にするのか、などたくさん選択肢はございますので

お気軽にご相談下さいませ!

 

こんなイベントもやっています☆

 

【特別セミナー】マンションリノベで失敗しない10のポイント