なるほどリノベ

NARUHODO RENOVATION

壁掛けテレビの注意点

21.01.22

最近、壁掛けテレビを検討される方が増えてきました。

 

 

先日お引渡しをしたお客様のお住まいで、壁掛けテレビの配線がうまくいかず

一部やり直しをしたという私の失敗例をふまえ、壁掛けテレビの注意点をお話したいと思います。

企画デザイン高木です!

 

テレビを壁掛けにするなら!必要な事前準備


 

まず、当たり前ですが壁掛けテレビはとっても重いです!!

50インチ前後のサイズを選ばれる方が多いと思いますが、

私の力ではテレビを一人で持ち上げることは難しかったです・・・(そんなに非力では無いのですが)
 
そんな重いテレビを壁で支えるにあたり、予め強力な「下地材」を仕込んでおく必要があります。

 

下地

 

下地材には様々な種類があり、一般的には「ベニヤ」と呼ばれる構造用合板が主流です。

弊社では「Mクロス」と呼ばれる、下地材にクロス用の紙がついたパネル材を多用します。

(ベニヤ+プラスターボードのような商品です)

 

テレビ本体を壁に固定するのではなく、専用のアームプレートを先に取り付けて

そこに引っ掛けるような形でテレビを固定します。

ですので、アームプレートのサイズよりも大きな範囲で下地を施工します。

これが事前準備の大事なポイントです。

 

テレビを壁掛けにするなら!失敗が多い注意点


 

下地を施工すれば安心!という訳ではなく、

テレビ周りの配線位置・配線の数を決めなければいけません。

以下の順番で進めていきます。

 

①購入する(持参する)テレビの配線状況をチェックしましょう

②接続するメディアの種類と設置個所、配線状況を確認しましょう

③配線をちょうど良い高さに設定しましょう

 

特に①②は、失敗しやすいポイントです。

レコーダーをテレビに繋げるケースや、テレビ本体にレコーダー機能が備わっているパターン、

ハードディスクを別で接続したり、音響設備を繋げる方もいらっしゃいます。

選ばれるテレビの種類や、接続メディアの種類は十人十色です。

 

①②の状況次第で
 
テレビ線をテレビ側に寄せるのか・別置きのレコーダー側に寄せるのか

テレビとハードディスク・レコーダーを繋ぐケーブルの種類は何か(隠蔽出来るものかどうか)

最近流行のFire TV Stickなどを接続するためのコンセント増設
 
といったように、工事の内容が大きく異なります。

 

今回オーナー様のお住まいでやり直しになったのも、これが原因の一つでした。
 
当時は購入するテレビが定まっておらず、レコーダーの代わりになるメディアを下に置き

テレビと機械をHDMIケーブル(もしくは別の外部端子)でつなぐ想定となっておりました。

 

 

しかしいざ購入したテレビには、本体に直接テレビ線を繋ぐ必要があり

別で購入されたハードディスクとテレビを繋ぐUSB A MicroBケーブルがやや短く

空配管の中を通すと距離が延び、接続できないという事態に。。。

 

 

電気屋さんに来てもらい、テレビ配線の位置変更と

USB A MicroBケーブルを、空配管を通さず接続するための加工を施してもらいました!

 

 

 

これにて配線も隠蔽でき、すっきりとした見栄えで接続が完了しました。

(電気屋さんありがとうございます!!)

 

今回は比較的リスクの少ない失敗で済みましたが

場合によっては壁一面やり直しになるケースもあると思います。
 
壁掛けテレビにするならば、事前準備と配線状況の確認・機械の決定をした上で

工事を頼みましょう!私たち設計士も注意を払っていきたいと思いました。
 


 

赤裸々に失敗例を語りましたが、我々プロの目線で捉えても、リノベーションは難しいことが多いと感じます。

特にマンションは、ある程度制限された建物の中で工事を行うため

物件選びの段階から注意すべき事がたくさんあります!

 

【特別セミナー】マンションリノベで失敗しない10のポイント

では、こういった実際の失敗例や我々の経験に基づく事前のチェックポイントなどを

お話させて頂いております。
 
昨今の状況を鑑みて、オンラインでのセミナーもご対応可能となっております。

お気軽にお問い合わせくださいませ!

イベントの詳細ページはこちらをクリック★

 


 

◆インスタグラム◆
FULLHOUSEのインスタグラム

いままで施工したリノベーションの事例を配信しています。

ぜひ覗いてみてください。ストーリーズではイベントの情報もお知らせしていきます!
 
◆お問い合せ窓口◆

TEL:0120-555-948

受付時間:10時~18時

定休日:火曜・水曜

※資料請求・お問合せフォームからは24時間受付中です。

(通常営業時間に順次対応致します)